こんにちは、みょんです。

とある占いサイトで「10月26日から力がみなぎります」みたいな事が書いてあって、
ほんとかな~と思っていたのですが、仕入れにも積極的に出られるようになったし、
出品商品にも結構動きが出てきてくれていい感じ、、、

だったのですが、自己発送で配送した商品にトラブルが発生しました!

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

原因はヤマト運輸のメール便

みょんはメール便を出す時には、ラベルプリンタを使って宛名を印字しています。
ラベルプリンタ付属のソフトのテンプレートが使いやすかったので、
差出人と受取人が併記できるものを使って、何度も自己発送をこなしていました。

当然のことながら、差出人は小さく、受取人は大きく印字しているので、
これまでは特にトラブルもなく、お客様にも見やすいであろうと考えて採用したんですね。

ところが今回に限って、その差出人欄を見てみょんのところに配達し、

配達完了!

と堂々とステータスを変更してくれました^^;

 

最初はお客様が受取拒否なり、投函できるポストがなかったなりで、
差し戻しになったのかと思いましたよ。。。

で、配達状況確認したら↑の通り、燦然と輝く「配達完了」の文字に唖然です。

すぐさまお客様に配送トラブルが起きたと言う旨と、
翌日付け(みょんの帰宅時間では営業所は閉まってますからね)での
宅配便での再発送をする旨を記したメールを発信。

翌日、即座に発送手続きをして対応。
今のところお客様から特にリアクションはない状態ですが、
下手をすれば低評価をもらう可能性もあるわけで、
ヤマトのミスでハイリスクノーリターン的な危ない橋を
渡るはめになってしまいました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

宅急便のコストが余計にかかってしまったのはともかく、
メール便の料金については役務と言うんでしょうか?
料金に応じた仕事ができていないので、問合わせセンターに連絡。

すると、営業所から連絡をすると言うことで待つことしばし。
営業所の担当者さんと話をして、返金をしてもらうことで決着しました。

 

今回痛感したのは、今まで問題なかった事例が問題化する、
そんな可能性はいつでもどこにでもあると言うことですね。

とりあえず、次回以降の発送に関しては、
ラベルを完全に別体化しておく必要性を感じましたので、
さっそく差出人ラベルを制作しました。

クロネコヤマトのサイトでの帳票出力って手もあるんですが、
印刷に無駄に枚数とインクを喰うので、今ひとつなんですよね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

さらに言えば、こうした配送トラブルの時の

対応マニュアル

みたいなものを自分の中で用意しておくことが必要です。

副業せどらーは単独運営の人が多いでしょうから、
立派な文書を作る必要はありませんが、
少なくとも、即座にメールを発信できるテンプレートの
準備などは怠ってはいけませんね。

想定外の事態と言うものは起こってほしくはありませんが、
自分が万全を尽くしたつもりでも、外部要因によって起こりえるものです。
しかしそれはお客様には関わりのないこと。

お客様に不快な思いをさせる度合いを、少しでも抑えるよう
常に備えることが大事ですね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お陰さまでランキング復活中!
一日1ポチして貰えると嬉しいです!
人気ブログランキングへ