こんにちは、みょんです。

前回、イーモバイル解約の記事を書いたところ、
使用感その他についていくつかお問い合わせをいただいたので、
情報のシェアと言う意味を込めて、都合三年くらい使った
みょんの個人的感想を備忘録的に記事にしようと思います。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お約束の文言ですが、記事の内容はあくまでみょんの個人的感想です。
使用するエリア、環境によっては記事とは異なる結果になる場合もあります。

また、ワイモバイルになった事で利用制度その他が変更になっている場合がありますので、ご注意ください

契約しようと思った経緯は前回の解約記事の通り、
外出時間が長い事から、固定回線は止めて「自分のいる場所に常にネット環境」を
作りたいと考えたからでした。

2011年当時で、選択肢としてはWiMAXとイーモバイルがありました。

WiMAXについては機材を貸し出してくれてお試しができたので、
それを利用してみましたが、外では爆速なのですが、
自宅に帰ると途端に電波が入らなくなる。。。

建物のせいなのか、たまたま電波が弱かったのかわかりませんが、
とにかくほとんど通信不能な状態でしたので、選考外に。

イーモバイルは当時利用している知人がおりましたので、
その人に頼んで端末を借り受け、外出先、自宅での通信テストをしたところ、
比較的良好な結果だったのでこちらを採用しました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

イーモバイル使ってよかったところ:その1

なんと言っても第一はどこでも通信できる環境が整うことですね。
いつでもどこでも自分のいる場所にインターネット回線がある。
別にネット中毒ではありませんが、やはり「どこでも使うことができる」と言う
利便性は使ってみて始めて体感できるものです。

━─━─━─━─━─

イーモバイル使ってよかったところ:その2

モバイルルーターですので、最大接続数以内なら
つなぐ機材を選びません。
PCでも、Wi-FiだけのiPadでも、携帯ゲームでも
無線で繋げられるものは何でもいけます。

今でこそテザリングも一般的になって、
スマホをルーター代わりにするなんて事もできるようになりましたが、
やはりルーター専用機としての使い勝手は一枚上手です。

電源入れてしまえば、一々テザリングモードなどに切り替えなくても
自動的につながってくれますからね。

━─━─━─━─━─

イーモバイル使ってよかったところ:その3

あくまでみょんの行動範囲での話ですが、電波の入りはよかったです。
圏外や電波が弱くてどうにもならない、、、と言うことは少なかったと思います。

建物の中でも問題なく使用可能で、不自由することはほとんどありませんでした。
通信速度も必要十分、、、だったのですが、それはまたのちほど

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

じゃあいいところばっかりなの?と言うと、残念ながらそうでもありません^^;

イーモバイルのイマイチなところ:その1

よかったところの話と少々相反するのですが、ちょうど一年くらい前からでしょうか?
夜間の通信速度がどうにも遅くてしかたない状況が延々と続きました。
今思えば何か通信制限でも掛けられていたのかと思いますが、
一番使いたい時間にウェブを見るのも一苦労と言う、本末転倒な状態に。

もちろん、通信制限されてる時にも特に通知のようなものはありません。
自分が使いすぎ?だから制限されているのか、利用者多数で混み合ってるのか、
その辺がわかりにくいので、単純に「つながらないじゃん!」と思ってしまいますね。

━─━─━─━─━─

イーモバイルのイマイチなところ:その2

その1に関係してくるのですが、契約当初にはなかった
通信総量制限が設けられるようになりました。

後に書きますが、イーモバイルの契約は事実上二年の割賦契約で、
途中解約の違約金は残債精算相当になります。
よって、契約者に不利になるような条件変更は、
本来許されるべきではないと思うのですが、それがまかり通ってしまいました。

7GBの制限には中々引っかからないだろうとは言え、
家でも外出先でも通信端末を使う環境ではいつ突破するともわかりません。

縛りがある間の顧客には適用するなよー、と思いましたが、
条件変更についても書面等での通知はありませんでした。

━─━─━─━─━─

イーモバイルのイマイチなところ:その3

これまたその2にも絡むのですが、利用条件が悪化した!>じゃあ止めよう
と思っても、契約上は解約すると残りの期間の利用代金を請求されます。
(名目上は違約金となっているようですが、実質利用代金の残高です)

月額利用料が4千円として、18ヶ月で解約しようとすると、
ざっくりですが、残りの6ヶ月分の利用料に相当する24千円が
違約金として請求されてくるわけですね。

円満に利用できている間は問題が顕在化しませんが、
通信環境の悪化や利用制限など、利用者として不便な状況に追い込まれても、
「逃げられない」ので気をつけないといけません。

みょんは上に書いた夜間の速度低下がきつかったので、
諦めて年頭にiPhone5Sと固定回線と言う組み合わせにしましたが、
結局、ここまでの期間は延々と利用代金を払う事になりました。

もしあなたがイーモバイル(ワイモバイル)との契約を考えているのなら、
この部分をよくよく考えて検討することをオススメします。
何があっても二年間分の利用料金は支払う格好になりますからね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

長所短所それぞれ挙げてみましたがいかがでしたでしょうか?

短所の部分については、携帯の契約に詳しい人からしたら
もっとうまくやる方法があったかもしれませんが、
その手の事に疎いみょんだとこんな感じでした。

結論としては、一定期間は非常に便利に使わせてもらいましたが、
他社のテザリングの一般化や、イーモバ自身の通信総量制限の他社との横並び化、
割高な違約金設定などを考えると、おすすめできるかどうか微妙なところですね。

現状では外出先でのPCのネット利用は、スマホのテザリングで済ませる。
これが一番のような気がします、、、スマホ持つのが前提かよ!と言う声も聞こえますが、
まあ一応このブログ的には「せどり」を目的にしてるので、
その際にスマホは必要不可欠・必需品ですからね^^;

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お陰さまでランキング復活中!
一日1ポチして貰えると嬉しいです!
人気ブログランキングへ