こんにちは、みょんです。

更新をさぼってブログランキングも超下落、、、
すっかり忘れ去られてしまったかなぁと思っていたら、
ここ最近の「データ回収せどり」記事に注目してくれる読者の方が、
結構いらっしゃるのかアクセスぐんと伸びてます!(嬉

そんな訳で、勢い付けたいので先に貼らせてください、、、
一日1ポチして貰えると嬉しいです!
人気ブログランキングへ

さて、今回は「データ回収せどり」のメリット・デメリットについてお話します。。。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

こういう話は悪いことを先に言ってしまった方が良さそうなので、
まずはデメリットから・・・

序章の記事でも触れましたが、まずこの手法については
みょんのせどりのお師匠さんからは邪道であるっってことで
NGを貰っているのは既にお話した通りです。

メリットの部分と表裏一体ではあるのですが、
まとめてスキャンして、まとめて検索をかけて、
ハズレなら即座に次をチェック、、、なんて事をしていると、
確かに一つ一つの商品の印象が薄くなるのは否めません。

 

実際にBOの店頭で商品を手にとって検分していると、
その商品のパッケージの色柄や厚み、
装丁の具合(紙パッケージに入ってるとか)などを
一つ一つ感じる事ができるんですね。

それでたとえハズレの場合でも、「ハズレ商品」と言う
インプットが自分の中に生まれるわけです。

 

しかし、データ回収してしまった場合は、
ハズレ商品は「要らないデータ」でしかありません。
具体的な印象が残らないんですね。

 

現実には店頭での仕入れをするには、如何にハズレを
見分けることができるかが「目利き」の一つでもあるので、
どんな商品だったのかが記憶に残らないデータ回収方式では、
ハズレを見切る事が難しくなってしまいます。

お師匠さんはその辺りも含めて危惧をして、
みょんに警告を発してくれていたわけです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

もう一つはデータ回収>検分>店舗再訪と言う仕組み上、
仕入れまでに時間がかかること、
さらには休日などに遠征仕入れした際には使えない手法だということです。

会社や自宅の近くの巡回可能な店舗なら、タイムラグは少ないですが、
それでも仕入れ完了までに最低一日はかかってしまいます。

最悪の場合、他のせどらーに買われてしまったり、
思いがけぬ価格改定(BOは平気で商品の値上げしますからね)に巻き込まれたり、
FBA納品までの時間が余分に必要になることで相場が崩れたり・・・と、
アクシデントに巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

また、データだけを流れ作業的にみる「癖」がつくことで、
一点ごとに見聞しないといけない現場仕入れに対応できず、
遠征の際などに必要となる「即断即決」の仕入れスタイルが
確立できなくなってしまうと言う弱点も生まれます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ではメリットがないのかと言うとそうではありません。

あくまで「時間拘束の厳しい」「副業」せどらーの皆さん向け、
と言う前提ではありますが、短い滞在可能時間内で情報を集め、
その後、じっくりと検分できるのは大きな利点です。

いわゆる九時五時の仕事ではなく、退勤時間が遅くなるあなた、
やっぱり食事は早めに摂らないと体によくありませんよね???
せどりの仕入れ作業という物は継続的に続くものですから、
「この三日間だけは不摂生承知でやろう!」とは行かないわけです。

退勤後に閉店ギリギリまで食事も摂らずに仕入れを続け、
よる夜中になってからようやく夕食を食べる、なんて生活をしていたら、
多分あっと言う間に体を壊しますね、、、
20代なら(おすすめはしませんが)そんな生活ができても、
40代のおっさんであるみょんには無理な話です(苦笑

「ゆとり」が欲しくて始めたはずのせどりで、
体を壊してしまっては元も子もないのです。

データ回収をした後は、どこかで時間を作って検分をすればいいのですから、
早め(と言っても9時10時の夕食では十分遅いのですが)に食事をとり、
その後、少々夜更かししてチェックするもよし、就寝を早めて朝活でチェックするもよし、
時間創出の努力は必要なものの、時間づくりに追い立てられる事も少なく、
「ゆとり」を持って対応することができますね。

これって”時間がない”副業せどらーには大きなメリットなんです。

よく大所高所から「時間がないは甘え、時間は作るものだ!」と
おっしゃる方がいらっしゃいますが、一日24時間は決まっていて、
お店の閉店時間も決まっている以上、「無いものは無い」のですよ^^;

精神論的に「時間は作れ!」とか言うと、何かとてつもないありがたい言葉に聞こえますが、
効率化によって生み出す方法を説く事も同じように価値があるはずです。
みょんは過剰な精神論を好みませんし、過度に生活に負担を掛ける手法もオススメしません。

その上で考え、実践してるのがこの【データ回収せどり】なのです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

また、デメリットの部分で触れた「商品を覚えなくなる」欠点についても、
考え方ひとつで補う事は十分に可能です。

手に取れない事で、物体としての商品の感覚は覚えにくいのは確かですが、
Amazonの商品ページにしっかり目を通すだけでもまったく違います。

そもそもデータ回収をするときに、いわゆる「ビームせどり」状態で、
バーコード部分だけを露出させて読み取るのではなく、
商品の裏表を確認しながらスキャンするだけでも「感覚」が残るものです。

 

みょんはこれをやったことで、一時期ゲームの仕入れがやりやすくなりました。
ゲームはサブ的な扱いジャンルなので、特定機種でのデータ回収を前提にしていましたが、
読み取る際に商品を手に取り、パッケージの絵柄と、裏面の解説を
「さらっと」だけ見てからバーコードを読み取りました。

そして自宅で検分・・・Amazonの商品ページを見ながら手にとった時のことを思い出すと、
「これはこんな感じか・・・こっちはこうか」と言うのが非常にわかりやすい。

実際に別店舗でハズレとアタリを思い出しながらの、ツールなし目利きで
いくつか商品が抜けた事がありました。

 

この経験から、データ回収から検分までを流れ作業としてしまわなければ、
決して「身にならない」やり方ではないと確信してします。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ちなみに、つい先だって、どうにか時間を作ってデータ回収をしたところ、
90分弱で、大体400くらいの情報を持ち帰る事ができました。
(せど楽チェッカーの表示数ベース)

得意なアニメジャンルも含み、それらのシリーズものはまとめてスキャンしたので、
上記のような確認を少々端折ってるところもありますが、それを差し引いても、
一点あたり20秒程度で読み取れると思います。

つまり一時間店舗に滞在できれば最低でも100点超の在庫の情報を
得ることができるわけで、逐一の検分では中々無理な話です。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

欠点・利点について色々と書きました、、、
もちろん一番良いのは潤沢な時間を使って、現場でしっかりと品物を見極めることです。
副業、とは言っているものの自営で時間の融通が利き、専業候補生的なせどり仲間は、
短期間で一気に知識量を上げ、巡回店舗を増やしたおかげでお宝遭遇率も高く、
みょんなど足元にも及ばない成果をあげた人も居ます。

それに比べると、みょんの手法はやはり邪道で、血肉となる知識の蓄積度も小さいものです。
ですから、短期的に時間がないと言うばあいでも、
長期間の練成時間をかけても構わないと言うのであれば、
【データ回収せどり】を無理に実行する必要はありません。

しっかりじっくり、1つずつの商品を見て仕入れの可否を判断できれば、
それにまさる知識はないのですから・・・

しかしながら、時間に追われているあなたは是非【データ回収せどり】を試してみてください。
やってみてダメだと思えば、元にもどせばいい、別のやり方を試せば良いのですから・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

【データ回収せどり】についてもうちょっと詳しく知りたい、、、と、もしあなたが思ってくれたなら、
聞きたい内容を書いて、いつでもみょんにメッセージをくださいね!