こんにちは、みょんです。

この国の政府は次の消費税上げに向けて、
事実の如何にかかわらず「景気がすごくいい」って事にしたいみたいですね。

7月から9月までの動向を見て判断するんでしたでしょうか?
前回も大して回復した実感はないのに「数字は伸びてるー」と言って
強引に引き上げを決めましたから、今回も結果は火を見るより何とやらですかね。

そんな中、少し前から言われていた”アノ話”が、
更に嫌な形でパワーアップしているようです。。。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

戦慄試算! 「残業代ゼロ」対象500万人で39歳は203万円収入ダウン

実はこの記事を知ったのは、お師匠さんのメルマガがキッカケでした。。。
いやもうなんと言うか、この記事の通りに(おそらく)なっていくとしたら、
開いた口が塞がらない、呆れてモノも言えませんね。

なぜこの国の偉い人たちは、環境を改善してからルールを改訂しないのでしょう?

なんだか静かな怒りが沸々とこみ上げて来てしまったので、
今回はいつになく長文、そしてあるいはせどりそのものとは、
さして関係のない記事かもしれません、よろしければお付き合いください

この記事を読んで、かつて単車乗りだったみょんが真っ先に思い浮かべたのは、
二輪の駐禁取締りが厳しくなった時の事でした。

当時、歩道に迷惑な駐輪をするモラルの低い単車乗りが居たのも事実ですが、
「じゃあまずどこに停めろって言うの?」と言うライダーの声もまた事実でした。

きちんと駐車場に入れようとライダーが思っていても、
消防法の規制とやらで、屋内の立体駐車場には単車は駐輪できません。
ショッピングモールで大型の駐車スペースがあっても入れないんですね。
地下駐車場なんぞなおのこと、もってのほかです。

仮に露天の駐輪場があっても、停めていいとされるのは多くは原付までで、
オートバイと呼ばれる区分の二輪車は許可されません。

コインパーキングがあるだろって????
管理会社から機械が正常に作動しないから停めるな、と言われました^^;

こうして、いくらライダーがモラルを持って対応しようとしても、
環境がまったくそれを許さない状況だったんですね。。。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

警察に言わせれば、

「停める場所がないなら、そこには降りるな」

となるでしょうし、法律的にはそれが正しいのでしょう。

しかしこんな正論だけをぶちあげられたら、「じゃあ単車は乗るなって事?」
となってしまいます。。。行った先で確実に駐輪スペースが確保できるかなんて、
逐一ロケハンできるわけじゃありませんからね。

最近ではバイク用の駐輪設備も整備されているところもあります、
が、それでも過剰とも言える取り締まりに対し、
きちんと正規の手続き(駐輪場利用)を講じる事ができる場所は
少なすぎると言っても過言ではありません。

本来ならば、先に駐輪場の整備を自治体や企業に義務付ける、
そうして”路駐しない状況を用意”した上で、なお違反する者を取り締まるべきです。

ところが現実にはそうはならず、置き場も用意しない、用意できる目処も無いうちから、
まず先に路駐をバンバン取り締まって罰金巻き上げて行く、
そんな本末転倒と言うか「罰金稼ぎの為のルール改定」がまかりとおりました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

閑話休題

実は今回の残業代ゼロの話も構図は一緒なんですね・・・
残業代払わない(払いたくない)と言うなら、
まず残業の必要が無い業務内容にしろ、と。

しかしそれはおそらくなされないでしょう。。。

無駄に居残りして残業代を稼ごうとする輩も居るようですが、
大概は残業前提での仕事量を按分されているサラリーマンばかりだと思います。

みょんだって・・・詳細は身バレ避けで話せませんが、一日1時間半の残業が大前提です。
これはどうにも削りようがない、みょんの本業会社が本業会社である為の
宿命?みたいなものですから、業務改善だの効率化だのと言う話ではないのです。

あなたも同じような環境に置かれて、どうしようもなく不可欠な残業をして、
それに応じた(ともすれば少ない)対価を得ていたのではないでしょうか?

しかしこれで「法律で残業代ゼロがオッケーだから払わないよ」となったら・・・

業務はこなさざるをえない、しかしその対価は貰えない、、、、
もはや雇用契約ってなんなのさ?と言いたくなる馬鹿げた状態になります。

 

今はそんな話じゃないじゃん!杞憂だよ!!

 

と思いましたか?・・・もしかしたら杞憂で終わるかもしれませんね、
でもデフレ経済を理由にしての給与所得下げトレンドを、
あなたは難なく乗り越えられましたか???

業種ごとに浮き沈みはあるものですが、この10年、好調の業界でも
積み上がった利益を従業員に大還元!なんてところがあったでしょうか?

現実はデフレ的な縮退経済であることを名目にして、
「なんかこの先も厳しそうだから、この利益は会社でキープしとくな!」
と言われて、おこぼれに与る事は少なかったんじゃありませんか?

 

これ、同じことが間違いなく残業代ゼロルールでも発生します。

 

長いデフレ不況の影響も相まって、
企業経営者にとって人件費は「悪性コスト」と言う意識が完成しています。

まさにびた一文でも払いたくない、100円払ったら10万円の仕事をさせたい!
そんなふざけた考えを持っている企業経営者がゴマンと存在します。

その人達が「残業代ゼロ!」のお墨付きに飛びつかないわけがないのです。
払わなくてもいいと言われたものを、正直に払うような人ばかりが
経営者だったら日本と言う国はここまで草臥れていませんね、きっと(苦笑

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

じゃあどうすればいいの?とあなたは思ったかもしれません。
その答えの一つは。。。

自分で稼ぐ力を身につける事

だと、みょんは思います。

自分一人の力だけで収入を稼ぎ続けるのは並大抵の事ではありません、
しかしもはや「サラリーマン」と言う生き方は、「社畜」を超えて「◎隷」の
一歩手前にまで落ちぶれかねない人生の選択になりつつあります。

今までは会社員と言う「安定」の要素は、独立起業に比べての
大きなアドバンテージでしたが、それはすでに形骸化してきました。

今はまだ最低限持ちこたえていますが、
築ン十年の建物の老朽化が激しくなるのに似て、
いつどうなってしまうのかが見通せない状況です。

建物の中に居れば温かい布団で眠れる時代が終わりを告げようとしています。

ならばいっそ外に出て、雨風を凌げる新たな建物を
自分で建てられるようになるべきではないでしょうか?

 

そんな危機感を感じてみょんは行動を起こしました。。。
その行動の一つが「せどり」でした。
そして着々と外に飛び出す為の準備をしています。

 

あなたももし「なんかやばくないか?」と感じたのなら、
是非行動を起こしてください。

行動を起こしてみて、迷ったり躓いたりしたら、
是非みょんに相談してみてください。

今のみょんには正直派手な実績はありません。
しかし、「やばい!行動しよう!」と思い立ったあなたの
半歩先を行っていると言う自負はあります。

しっかりとした実績を出した人は、すでに遥か遠くに
進んでしまっている人でもあります。
その人達にいきなり追いつこうと駈け出しても、
おそらく泥濘に足を捕られて思うように進めないでしょう。

でも、半歩先にいるみょんだったら・・・

初期段階でのつまづき、軌道に乗る前のスランプ、、、
そんな事もよりあなたに近い立ち位置で、
話を聞くことができますからね。

コメント、メッセージ、いつでも待っていますよ(^O^)

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お陰さまでランキング復活中!
一日1ポチして貰えると嬉しいです!
人気ブログランキングへ