こんにちは、みょんです。

FBA納品の際、気になるのが配送コスト。
大型商品ではサイズ区分の違いがコストに如実に現れます。

なんとか上手くピッタリのサイズにしたいのですが、
小さい箱同士を都合よく組み合わせる方法はAmazon的に不可。

ならば大きい箱を小さくするならどうか?Amazonに聞いてみました。。。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

結論を先に言ってしまうと、

ひとつのダンボールを高さをカットするなどして
例えば元の140サイズから120サイズにして送ることは了承(意訳)

との事でした。。。

これはつまり、幅と奥行はぴったりなんだけど、
高さがやたらあるダンボールも使えると言うことです。

背は高くないけど接地面積の大きい”平べったい”商品などは、
ダンボールの高さを加工することで発送サイズを小さく出来ます。

たかが数百円ですが、されど数百円です。
FBA納品にかかるコストは、直接的にお客様の満足度にはつながりません。
大きな梱包箱に厳重に過ぎる緩衝材を詰めて商品を送っても、
「こんなに丁寧に梱包してくれた!」とお客様から評価をもらうことはありません。

手抜き梱包はもちろんアウトですが、配送事故のない様、
必要最小限の梱包をしてコストを抑えるのが何よりの優先事項です。

一定の底面積になるとどうしても高さも比例して大きくなりがちなダンボール箱。
うまく使いこなすことで配送費用を最小限にできると言う話でした。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ただし、Amazonは次のようにも返答してきました。

強度不足等による破損事故は起こすなよ?!
事故が頻発したら単体ダンボールの加工も禁止すっから!(意訳)

せっかくAmazonにしてはセラーにやさしい(甘い?)ルールです。
ルール上オッケーだからと言って、適当な梱包で事故を起こし、
禁止項目に取り入れられてしまうことのないようにしたいものです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お陰さまでランキング復活中!
一日1ポチして貰えると嬉しいです!
人気ブログランキングへ