こんにちは、みょんです。

昨日のコートジボワール戦は残念でしたね・・・
前半の得点の勢いが続くかと思ったら、電池切れ?

さて、梱包問題の次は商品説明表記に四苦八苦している
大型商品の取扱なのですが、FBA管理保管料の計算で
ふと疑問に思ったことがありました。。。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

DVDの時はさして気にしていなかったのですが、

元箱のない大型商品の保管料っていくら?

と言うことでした。。。DVDは中古とは言え、ディスクのみと言うこともなく、
トールケースに入った状態なので、新品でも中古でも状態に変化は少ない。

たまに特典ボックス付きのものもありますが、その上でボックスなしってものは
非常に少ないし、そんなものはまず仕入れ対象になりません。

そんなわけでこれまでは殊更に調べてみることもありませんでしたが、
大型の商品については箱のあるなしでずいぶん大きさが変わってきます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

そこで困ったときのヘルプサービス、Amazonにまたまたまた聞いてみました。

「大型商品の保管料換算値(大きさ)って実測?カタログ値?」
「あと同じトールケースでも数値が違うけどなんで??」

すると程なくして回答があり、

中古で箱があろうとなかろうと、新品の時の梱包された状態の大きさを採用している
規格ケースなのにデータに誤差があるのは倉庫に最初に入荷してきた時の実測値だから・・・(意訳)

との事。。。

まるで大きさが違うのに、元々の大きい方で料金請求かよー、
しかも入荷してきた時の商品が緩衝材(プチプチ)に包まれていたら
その大きさで実測して請求かよー!

と言う文句はともかく、これであまり大きすぎる商品は扱いの対象に
してはいけないと言うことが本格的にわかりました。

まだ手法とかワークフローを確率していないので、
詳しく話せる段階ではないのですが、Amazonの商品サイズ情報も
仕入れをするときに充分に加味した上での判断が必要ですね。

一手間増えることになりますが、コスト(保管料)計算は大事ですから、
そこを疎かにすると儲かるものも儲からないですし、
よほど超絶高回転の商品でもない限りは、大きすぎる商品は
仕入れ対象として外すくらいの基準があってもいいかもしれません。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ちなみに、何かの拍子に計測を間違っていたり、
最初に入庫したセラーが馬鹿丁寧過ぎる梱包をして、
あからさまに大きさがおかしいって商品については
「セラーの方から修正申告をすると」
調査の上、訂正してくれることもあるそうです。

人様からお代を貰ってるんだから言われなくても正しい情報にしろよ、とか、
中古箱なし納品ならカタログ値の8掛けとか9掛けに補正しろよ、とか
色々言いたいことはありますが、Amazon神には逆らえません(笑

せめてトールケースなはずなのに頓珍漢なサイズ設定をしているものなどを
地道に修正していくようにしたいですね。。。

時間があれば修正申告のやり方なども記事にしてみようと思います。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お陰さまでランキング復活中!
一日1ポチして貰えると嬉しいです!
人気ブログランキングへ