こんにちは、みょんです。

みょんのブログを読んでくれている貴方は、
商品出荷時の段ボールをどうしてますか?

自己発送の人にはあまり馴染みがないかもしれませんが、
みょんはFBA納品が前提なので、大きめの段ボールに
商品をがっつり詰めて送っているんですね。

で、これまでは業務スーパーなどで貰ってきた
みかん箱やリンゴ箱を使っていたのですが・・・

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ゆうパックや宅配便の規定サイズ(80とか100とか120とか)を
”ちょっとだけ”オーバーするものが多くて思うにまかせません。

たまーにちょうどいいサイズが見つかったりしますが、
安定的に手に入るものではないので、次はまたちょっぴりオーバーサイズ、
なんて事がしばしばあります。

段ボールってホームセンターとかでも買うと結構高いので、
これまではどうにか貰い物で済ませてきましたが、
中途半端にワンランク上の大きさ扱いだと値段が大きく変わってきます。

例えば神奈川県内へのゆうパックの発送の場合。

100サイズ=930円

120サイズ=1230円
(持込割引等は考慮せず)

400円も違ってくるんですね。
三辺の合計が105センチだと120サイズ扱いですから、
非常にもったいなかったりします。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

そこで丁度いいサイズの段ボールを購入することを検討しますが、
既成品だとこれまた中々都合のいい大きさがない。

帯に短し襷に長し

収めるものがDVDのトールケースサイズ基準って箱が
中々無いんですね。。。

みかん箱でもそうですが、DVDケースにとっては中途半端なサイズなので、
どうしても隙間があく=>もったいないから何かを詰めよう
=>追加の出品作業=>納品送れるの悪循環を生み出してしまいます。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ちゃっちゃと納品して販売するにはやはり「ちょうどいい箱」が欲しい。
無いなら作ってもらってしまえ!って事でオーダー段ボールについて
色々と調べてみました。

・・・と言ってもグーグル先生に「段ボール オーダー」って聞いただけですが^^;

オーダーサイズの段ボールって言うのは結構ポピュラーなもののようで、
段ボールを取り扱ってる業者ならどこでもやってるようですね。

そんな中でサイズオーダーのしやすさ、外形の大きさもきちんと表示してくれる
使いやすいサイトを用意してくれていた業者のところで注文。

大きさは先に家在庫用に揃えた折りコンのそれを基準にしました。
この折りコンはトールケースを立てて二列に並べるのに丁度いいサイズ。
高さも多少大きめのボックスなどでもすっきり収納できるので、
こいつと同じ大きさにすれば間違いないと思いましたから。

長さを調整することで100サイズと120サイズどちらにもなりますが、
今回は10箱をお試し注文と言うことで120サイズでオーダー。

納品には一週間ほど、単価は一つ400円超と、
ちょっとお高くはあるのですが、これでうまくいくようなら、
まとめオーダーで単価を下げることも可能になります。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

中途半端な箱で勿体無い送り方をするより、
多少コストが掛かっても誂えた箱できっちり送って
効率アップを図ったほうがいいかも、と言うお話でした。

段ボールについては到着次第、追加でレポートしますね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

お陰さまでランキング復活中!
一日1ポチして貰えると嬉しいです!
人気ブログランキングへ