こんにちは、みょんです。

ここ暫く続いていた売上ボウズ(注文ゼロの日)ですが、
新規商品を投入したり、価格改定で損切りしたものなどの
お陰でようやく脱出することができました。。。

誰でもボウズは嫌なものですが、そうならない為には、、、

ある一定の法則というか、ルールみたいなものがあることが解ってきました。

法則その1:陳列商品は130以下にしない

それぞれのせどらーさんによって、絶対的な取扱量や、仕入れの可否を決める際の、
商品の回転日数へのこだわりにもよるので一概には言えないかもしれませんが、
みょんのこれまでの経験上では商品の出品数が130を切ると売上が鈍ってきます。

この時点でボチボチとボウズの日が出たりするようになります。
注文に連続性みたいなものが無くなってくるんですね・・・

一日に2~3件オーダーが来た後、次の日やその次の日はボウズ、
なんてことになってきます。注文を均せばボウズではなくなりますが、
不安定な状況になってくるのは確かです。

そして120を切るとオーダーが入ってきた場合でも一日一件程度、
その後にボウズ、ボウズと続く日がでてきます。
こうなると均しても一日一件に満たない注文数になってしまいますね。

110かそれ以下になるとほとんどボウズ、たまに注文と言った状況です。
この頃になるとロングテールの商品が主体になって来てしまい、
「最終的に売れはすれども動きは遅い」状態なので、売れない日の方が
多くなってきてしまいます。

動きが遅い商品が100を超えてるのはどうなの?と賛否がわかれそうですが(笑
11月終わりの納品分の消化率は8割以上、12月分で6割超、
ずっと納品できずに3月の頭に納品した分で4割から5割くらいですから、
仕入れを重ね、納品を重ねていけばこの位は普通なのかな?と
勝手に思って自分を納得させています。

法則その2:セッション数1200以下は危険信号

基本的には法則1との連動ではあるのですが、みょんが主に扱っている
アニメ系のDVDを、150前後出品数を維持しながらだと、
大体1500オーバーくらいのセッションが発生します。

出品数が法則1をクリアしていても、セッション数が落ち込んでいる時には
やはり売上は鈍りますし、ボウズになる可能性がグンとアップします。
セッション数≒来客数ですから、出品してる量が多くても来客が少ない場合、
人気の薄い商品を取り扱っている事になります。

こんな時は完全な不人気商品、あるいは超ロングテールを主体に
仕入れてしまったことになりますので、データを見つつ次回以降の
仕入れの反省材料にすることにしています。

もちろん商品が売れていって、絶対的な出品量が減少すれば、
セッション数もそれに応じて落ち込んできます。

1200を切ると注文量が減少します、1000を切るようになると
ボウズが顕著になる傾向が強く出てきて顔面蒼白になります(笑

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

これらの経験則を踏まえると、やはり在庫は最低でも150をキープ、
その150もセッションで1500オーバーを常に維持できる商品構成を考え、
仕入れ商品のバランスをとる事が必須であることがわかります。

副業せどりでは中々思うように仕入れなどにも出向けず、
出品作業も滞りがちになるので、常時良好な状態を保つことは
難しいことではありますが、「月5万のゆとり」を継続的に維持するには、
この辺りを作業時間の短縮化などで改善していく必要がありますね。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

みょんのせどり仲間の間では、安定的な副業収入にするには200、
主たる収入源にするなら500~600は商品が欲しい、
なんて話になったりしています。。。みょんの場合は先の追加納品を入れても
ようやく160を超える程度ですから、まだまだ足りないですね^^;

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ブログランキングに参戦中です
一日、1ポチして貰えると嬉しいです!

人気ブログランキングへ