こんにちは、みょんです。

二回にわたってiPhone用サーチツールの「せどりすとプロ」の
レビューを行ってきました。

レビューの内容は下記の記事を読んでくださいね↓

サーチツール考 せどりすとプロ編その1
サーチツール考 せどりすとプロ編その2

みょんも最初はせどりすとプロ一本でやっていたのですが、
どうもしっくり来ないことから、その他のサーチツールも探し始めました。

みょんが使ってるサーチツールその2:せど楽チェッカー

有料・無料を問わず、なるべくみょんのせどりスタイルに合致する、
そんなツールを探してネットの海をあっちに行ったり、こっちに行ったり。。。

そこで見つけたものの一つが

file2_53830

せど楽チェッカー

でした。

ここでいきなり製品情報のリンクを貼って、「機能説明はそっちを読んでね」
ではレビューになりませんので、ここがみょんに合っている、
こんなところが便利だ、と言う機能を評価していきたいと思います。

◎なところ1:WEBベースで軽い、落ちない

せどりを始めてまもなく、まだせどりすとプロだけに頼っていた頃、
その動作の不安定さにはいつも悩まされていました。

せどりすとプロのレビューでも書きましたが、それこそ10件検索したら
一旦アプリを終了して立ち上げ直し、ちょっとでも動作が重くなったりして、
挙動が怪しくなってきたらiPhoneごと再起動etc…
とにかく作業が滞らない様にいつも気を配らなければなりませんでした。

しかし、せど楽チェッカーはWEBベースのツールですので、
動作そのものはiPhoneのブラウザSafariで動作するため、
メモリ使用量がひっ迫してアプリそのものが落ちる、
と言うことは滅多にありません。

実際、数時間で100件単位の検索をしてみても動作が重くなったり、
止まってしまったり、アプリが強制終了した事はありませんでした。

(正確には一度落ちたことはありますが、それは3Dのゲームを
さんざんプレイしてそれを立ち上げたままにしていた時です)

また検索結果の表示もサーバのレスポンスがいいのか、
待たされる事なく、サクサクと検索結果を参照していくことが可能です。
せどりすとプロもサーバの応答は中々のものですが、
シンプルなHTMLの表示と相まって、軽快さは抜きん出ています。

◎なところ2:多くのインストアコードが読める

せどりすとプロでもBOのインストアコードが読めることを利点に上げましたが、
せど楽チェッカーはさらにゲオやツタヤ他のストアコードも読み取り可能です。

みょんは基本的にBOばかり利用していますが、
ゲオで仕入れに挑戦した時はこの機能に随分と助けられました。

またせどりとプロではインストアコードの読み取りはバーコードリーダーに
依存してしまっていて、手入力で処理をすることができません。

DVDボックスなどでショーケースに入れられているものなど、
手にとって読み取りができないものには太刀打ちできませんが、
せど楽チェッカーならラベルに表示されているインストアコードに、
0を7ケタ付け足して手入力すれば検索が可能です。

スキャンするために店員さんにウィンドウを開けてもらうのも
あるいはありなのかもしれませんが、この手動入力によって
そう言った手間も面倒もかけずに静かにサーチする事ができます。

◎なところ3:最安以外の他者出品情報を一覧表示

せどりとプロでは最安値のみが表示され、それがみょんのせどりスタイルと
合わない事を指摘しましたが、せど楽チェッカーでは最安値から5件の
表示がされるので、さらに新品価格も出てくるので、
そこから更にサーチを続けるかどうかのスクリーニングに非常に役立ちます。

最安含めた5件と、新品価格が同時に表示されると、
そこだけでまず仕入れが可能かどうかが判別できるんですよね。

最安値表示だけだった場合は、改めてそれ以上の
出品価格がどうなっているのかを確認する必要がでてきます。

しかし中古の価格の一覧と新品価格が非常に近く、なおかつBOの
売値(仕入値)が表示された中古価格以上だったりした場合は、
それ以上のリサーチは基本的にせず、
次の商品のサーチにとりかかる事ができ時間を無駄にしません。

また、FBA場合は「F」のマークが付き、自己発送との違いが一目瞭然、
これにより勝負に出るかどうかの判断がより的確にできます。

仕入値より明らかに安い販売価格で、かつFBAばかり、、、
などと言った場合は、その商品は仕入れ対象外ですので
これまた素早く次の商品の検索にとりかかることができます。

◎なところ4:Amashowから出品情報確認までの流れ

検索結果が出ると5点の出品価格の他に

  • 過去相場(PriceCheckのサイト)
  • Amashow(Amashowのサイト)
  • カスタマーレビュー
  • 他出品情報(Amazonモバイル)

へのリンクが即座に表示されます。

色々活用方法はあるかと思いますが、みょんの場合、
Amashowのリンクで販売回数を確認

Amashowのリンクから出品情報を確認
と言う流れで最終的な仕入れの判断をします。

この一連の流れがせど楽チェッカーは非常にスムーズ

せどリストプロで問題なったPCサイトでの
「説明文非表示」現象もなく、商品写真画像も
逐一チェックできるのでより的確な仕入れ判断ができます。

  1. せど楽チェッカーで概要を確認
  2. Amashowで回転率を確認
  3. 出品者情報で予想売価を確認

これがスパっとできたのが「せど楽チェッカー」なのです。

◎なところ5:PCでも使える

せど楽チェッカーはPCでも使うことが出来ます。

特にPC用のページデザインになるわけではありませんが、
元々がシンプルで必要十分な表示なので特に不自由はありません。

BOなどへの立ち寄り時間が限定されている場合、
バーコード情報をメモ帳などに記録しておいて、
後で自宅のPCでその情報を読み込んでそうばをチェック!
なんて事が可能になります。

PCで操作する場合は、Amashowや出品情報などを
並べて表示することも可能なので、閲覧性が良く、
仕入れ判断も素早く行うことができるようになります。

このデータ持ち帰りの手法についてはいずれ別の機会に
具体的なやり方などを紹介したいと思います。。。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

いいところを書いただけでまた記事が長くなってしまいました。

せど楽チェッカーのXと総評については次回の記事にしたいと思います。

ただ、今回の記事を読んだだけでも「いいかも?」と思った方は、
下記のリンクからせど楽チェッカーの商品案内ページを御覧ください。

30日間無料+継続時には10000円分の割引チケットが付いてくるので、
非常にお得に使って見ることが可能です。

file2_53830せど楽チェッカー30日間無料お試し期間付き

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ブログランキングに参戦中です
一日、1ポチして貰えると嬉しいです!

人気ブログランキングへ