こんにちは、みょんです。

世間を賑わせてるリケジョさんの記者会見を見ました。
なにがし細胞があるのか無いのか、嘘なのかホントなのかは、
その手のことにはとんと疎いみょんには判別がつきませんが、
若くして女性研究者として男性研究者に負けず劣らず、
第一線を張ってバリバリやっていた人が、
まるで生まれたての仔馬の様にプルプルしながら、
目をまんまるく可愛く見開いて、ときには泣きながらの会見・・・

まるでどこの会社でも見られる、何かしでかした女子社員がやる、
ズルい「かわいそうな女の子モード」全開じゃないですか。。。

正直がっかりしました、才媛でも結局はこれなのか、と。

まあ男でもずるい輩はたくさん居ますから、
性別云々の話ではないのかもしれませんけどね、
今後どうなるのか、リケジョさんがどういう扱いになるのか注目です。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

さて、前回の記事では画像登録時に問答無用で横倒しになる、
その原因を突き止める事ができました。その後も検証を進めて、

Exif消去ソフトで余計な情報を除去した後、
プレビューappで画像を回転させると、
登録時に希望通りの縦位置になる

事がわかりましたので、
やはり、画像の幅や大きさが横のまま、
回転情報だけが付与されている事が問題であるようです。

ではどう対処するか・・・

まず最初に考えたのは、ソフトウェアで物理的に情報を書き換える方法です。
縦位置にしたい画像をドラッグアンドドロップして、
パパっと数値を入れ替えてくれればそれで問題ない。。。はずでしたが、

枚数が多いと選別が非常に面倒くさい

みょんはできるだけ登録枚数一杯の6枚を撮影するようにしています。
もちろん縦位置ばかりではなく、縦横混合の画像になるのですが、
その中から縦のものだけピックアップして変換、なんて、
とてもやっていられません。と言うことでこのアイデアはボツ。

次に考えたのは、何かスクリプトやプログラムを作って自動変換する方法。

Exifに回転情報の8があったら、縦横を入れ替え

と言うロジックを与えてあげれば問題ありませんので、
プログラムの仕組み自体はそう難しくないのですが、、、

刻々追加される画像を都度監視しながら変換

するのはちょっと骨が折れる作業です。
その上、みょんが得意とするスクリプト言語では、
ロジック自体も実装するにはかなりの手間隙が必要な事がわかりました。
結局、面倒でも1つずつ地道に変換していくしかないのでしょうか?

最悪、スクリプト言語で操作する為の仕組みを作ろうと思いつつ、
ダメもとでAmazonとカメラメーカーにお伺いを立ててみました。

Amazonには
「縦位置にしたい画像が横倒しになります、これは仕様ですか?」
「回避方法、設定があったら教えて下さい」

カメラメーカーには
「画像の縦横判定がExifの情報に依存しているようです」
「Exifに依存せず、画像縦横の大きさを直接記録できませんか」

すると、Amazonからは少々頓珍漢な

「使ってるブラウザが推奨してない奴だから推奨の奴使ってね」

と言うお返事。いやー、そういう話じゃないんだけどな(笑

もはやこれまでかと思っていたら、カメラメーカーからはこんな返事が!

「みょんさんは縦横比3:2で使ってるみたいですね」
「3:2だと画像の回転はExif情報に依拠します」
「ただしデフォルトの4:3だと縦横の大きさは直接記録されます」

ん?デフォルト??あれ???さっそくカメラの設定を変更してみると

何の問題もなく縦横が正しく記録されてる

じゃありませんか・・・(^_^;)

何のことはない、みょんがカメラの設定をあれこれいじくっているうちに、
デフォルトの設定以外にしてしまったのでした。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

もちろん、カメラによってはこのような直接記録が行われず、
Exifの数値によって縦横を表現するものもあるかもしれませんので、
今回の検証は無駄にはならなかったと思います。
(iPhoneでも同様の現象が起きるのはどうもこれが原因かと)

この症状は実は横倒しになることを直接グーグル先生に聞いてみても、
どうも解決策を提示するサイトにぶち当たらず困っていました。
同じような症状が出るも、どうしたらいいかわからない?!
そんな人の助けになれば幸いです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

ちなみにみょんが商品撮影に使っているのはこのカメラ↓

マイクロフォーサーズ機はボケが良くないなどと弱点を指摘されますが、
ことAmazon出品用の商品撮影用としてのE-M5は、

  • バックモニターの視野率が100%で撮影後のトリミング不要
  • モニターでピントを合わせる時の合焦の速さ
  • 小型軽量で三脚に据えての撮影もラクラク
  • Eye-Fiに標準対応でMac(PC)へのワイヤレス転送が可能
  • 露出補正の操作もダイヤルでワンタッチ

等々、非常に重宝しています。
また物撮り以外のプライベートでも、

  • 変換マウントを装着して各社のレンズを付けて遊べる
  • ファインダー標準装備で「昔ながら」の撮影スタイルも可能
  • 良い所がこれだけあってデジイチとしては破格の値段

なので、公私ともに楽しく使っています。

撮影機材に関しての記事はおいおい作りたいと思いますが、
「商品画像撮影したいけど、カメラはどうしよう?」
と言う方にはE-M5、お勧めですよ。